Event is FINISHED

最上(もがみ)鴨と20種類の日本酒を堪能する会

東京ではほとんど食べることができない山形県産最上(もがみ)鴨と全国のこだわりの蔵元が醸す日本酒をご用意します。
Description
3月7日(土)に神楽坂で山形県産の鴨料理を堪能しながら20種類以上の日本酒を存分に楽しむ会を実施致します。鴨肉は鶏肉のようにさっぱりしながらも、程よくジュージーな味わいが特徴で、とてもヘルシーです。女性の方でも安心してお楽しみいただけるイベントとなっております。

■山形県産最上(もがみ)鴨と一般的な鴨の違いとは

(画像引用:https://www.facebook.com/katosyoji)

山形県の加藤鴨養鴨場のみで育成されている最上鴨は、東京でもほとんど流通されていない希少価値の高い鴨です。飼育自体も難しいため、生産量自体も非常に限られていますが、東京では数少ない卸先である神楽坂の飲食店「吉」で、その最上鴨の味を堪能出来ます。一般的な鴨と最上鴨の違いは味わい・脂の旨味・赤身の質・どれも深いコクがあり、鴨特有の臭みがありません。刺身でも食せる唯一の鴨です。当日は6通りの食べ方でお料理を提供してもらう予定です。


■山形県産最上(もがみ)鴨と日本酒相性とは

鶏肉に近い食感ながら脂の旨みが乗っているジューシーな味わいが特徴的。一番合う日本酒は純米酒の濃淳旨口タイプのしっかりしたお酒です。しかしながら、お料理となると鴨と日本酒の掛け合わせは数十通り。当日はその鴨の味わいを生かしながら吉が腕を振るい、6種類のお料理を提供予定です。また日本酒は20種類以上の日本酒を用意します。

是非ご自身の好みの日本酒と合わせながら、最上鴨をお楽しみください。

(画像引用:https://www.facebook.com/katosyoji)

■当日のメニュー表

1鴨レバー最中

2鴨つみれの山形庄内葱摺流し(ネギすりながし)

3生鴨肉のお刺身

4鴨ロース

5治部煮(じぶに)

6鴨南蛮蕎麦

*当日は一番食べごろのタイミングで提供するため、順不同となります。

*当日の料理はあくまでも日本酒の充てとなるものを出して予定です。

*当日の仕入れ状況によってお料理の内容が変更になる場合が御座いますので予めご了承下さい。


■当日の出品予定酒

三芳菊(徳島)/勢正宗(長野)/深山菊(岐阜)/稲田本店(鳥取)/越の華(新潟)/菊の司(岩手)/極聖(岡山)/船尾瀧(群馬)/花の井(茨城)/森乃菊川(宮城)/丸真正宗(東京)/宗政(佐賀)/幻の瀧(富山)/人気一(福島)/青斗七星(島根)/湘南(神奈川)/薩州正宗(鹿児島)/三諸杉(奈良)/神杉(愛知)/源平(福井)/他数品出品予定

*当日急遽商品が変更になる場合が御座います。予めご了承下さい。

概要

日時:3月7日(土)16:0018:00

募集人数:47名

形式:着席形式

参加費:5000円(お料理6品+日本酒飲み放題)


【和食居酒屋 吉(きち)】

こだわりの酒と仲間たちで愉しむ和風居酒屋「神楽坂 吉」。

神楽坂の数ある飲食店の中でも、日本酒にこだわりを持っている飲食店のひとつ。店内は賑やかだけど落ち着いた空間づくりが神楽坂 吉にはあります。神楽坂というと、少し肩を張ってしまいがちですが、堅苦しくなく愉しめるのが神楽坂 吉の特徴の一つです。お料理は、酒に合わせたぴったりな肴のメニューが豊富なのがこの店の特徴。日本酒にこだわっているからこそ、美味しい酒の肴を十分に理解しています。店長様は新しいものを取り入れていく姿勢を常に心がけており、食材とお酒の探求を惜しみません。
今回の鴨料理は吉の看板メニュー。是非今回の吉のイベントをきっかけに東京ではほとんど食べれない鴨料理をお楽しみください。
神楽坂 吉:http://kagurazaka-kichi.jimdo.com/

神楽坂吉で行った過去のイベントの様子
http://kurand.jp/event/all/ninki-kichi-report/


Event Timeline
Sat Mar 7, 2015
4:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
神楽坂 吉
Tickets
最上鴨料理+日本酒飲み放題 ¥5,000
Venue Address
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-10 会田ビル5F Japan
Directions
地下鉄飯田橋駅B3出ていただき、斜め向かいのビル5Fになります。
Organizer
KURAND
873 Followers